ドラム

SONOR Lite Scandinavian Birch Jazz Kit

 ソナー・ライトのジャズキットを、ついに入手した。
 ソナーの歴史はこちらを参照。

 ライトは83年から95年まで作られていた。当時のフラッグシップはシグネーチャーだが、厚いビーチの胴で非常に重い。そのために、軽いセットをということで開発された。軽量化のためにシェルはかなり薄く、タムで6mm、キックで7mmだ。キックはそれで12プライ。むちゃむちゃ薄いラミネートだ。なお、シグネチャー・シリーズにも、このバーチシェルの外装にブビンガを貼ったものが追加された。名称はライト・シェルで、ビーチの方はヘヴィー・シェルと呼ばれた。

 このライト、確かにシェルは軽い。しかし、ハードウェアがいちいち亜鉛ダイキャストなので、結局それなりに重い。ハードウェアも軽量化するべきだったよな。

 ではバラシましょう。おお。キレイだ。ネジもキレイだし、ラグの中にウレタンが入ってるんだけど、それが結構原型を留めている。いい環境で育ったんだなあ。

 ヘッドは、ます打面をレモのスエード・アンバサダーにした。なんでかっていうと、元々打面にはスエードのエンペラーが張ってあったのね。これがなかなか良さげなんだけど、ちょっとデッドかなということで、アンバサダーにしてみた。

豆知識のコーナー
 ソナーヘッドのフィルムの厚さ
  ディプロマット 7.5mil
  アンバサダー 10mil
  エンペラー 7mil の2枚重ね
   1mil = 1/1000インチ 1mil = 25.4μm

 しかし、スエードは国内で売っていない。なので海外通販にしてみた。なお、裏面は表に合わせて黒いエボニー・アンバサダーとし、これまた海外通販で手に入れた。キックのミュートは、ソナーの帯ミュートだ。はいできあがり。

 いえーい。(^^)

SONOR Lite Scandinavian Birch Jazz Kit(ソナー ライト)
 シェル: スカンジナビアン・バーチ
       9プライ 6mm(タム) 12プライ 7mm(キック)
 カラー: スカンジナビアン・バーチ
 フープ: スチール・プレス トリプルフランジ 1.6mm
 サイズ:
  キック   18×15
  タム    12×10 13×11
  フロアタム 14×15
 ヘッド:
 レモ・スエード・エボニー / レモ・エボニー・アンバサダー
 年代:  85〜92年

この18のキックに価値がある。

おそらく12の1タムで使うことが多いと思われる。

banner
Last Update : 2008/12/21