解説

「勝戸」というハンドルネームの由来

 まだインターネットが普及する前の古代のことである。世の中にはパソコン通信という通信手段があった。これは限られたパソコン「ヲ」タクのみが利用する、恐怖のコミュニケーション・ツールであった。(この物語はフィクションです)

 Mac Powerbook 180cを買った私は、パソ通大手のニフティに加入した。しかし、最初はメールを使うだけであった。ところがある時、だれかにそそのかされて、フォーラムとかいう所を徘徊するようになった。その登録にハンドルネームなるものが必要なのだ。フォーラムというのは、ハンドルネームという偽りの姿に身を隠して、腹のさぐり合いをするという恐ろしい巣窟なのである。(この物語はフィクションです)

 はて、どんな名前にしましょう。

 うーん。うーん。うーん。

 とりあえず、ヒトのを参考にしよう。うーみゅ。。。。。「**くん」とか「**ちゃん」とかが多いな。安易だ。(この物語はフィクションです)しまいにゃ「**りん」かよ。(この物語は完全にフィクションです)

 半角英字は目立たないな。ひらがな、それより漢字の方がいい。それと、お気に入りのアーティストをもじるってアイデアはいいかも。

 てなわけで「ドラマーをもじった漢字名」というコンセプトが決まった。後は案を出そう。

 西門 (にしもん:サイモン・フィリップス)
 下来 (したくる:デイブ・ウェックル)
 借腹 (かりはら:ヴィニー・カリウタ)
 茶道 (さどう:チャド・ワッカーマン)
 御家老 (ごかろう:ジェフ・ポーカロ)
 燐寸と蝋燭 (まっちとろうそく:マックス・ローチ)


 うーみゅ。

 下痢 (げり:ゲイリー・ハズバンド)
 御萬 (おまん:オマー・ハキム)
 笛裸 (ふぇら:スティーブ・フェローン)
 棒舐 (ぼうなめ:ジョン・ボーナム)
 淫行 (いんこう:リンゴ・スター)
 魔羅 (まら:リック・マロッタ)
 屁尼巣 (へにす:デニス・チェンバース)
 慰安婦っス (いあんふっす:イアン・ペイス)


 あー、こんな名前で呼ばれたくない。とはいえ、当時このように考えていたわけではなく、ハナシをおもしろくするために、今思いついたのを書いているだけである。でも、ま、おおむねこんな風に考えたと思って下さい。

 そして、「勝戸」(かつと:スティーブ・ガッド)にたどり着くのであった。

 よく「ガッドが好きなんですよね」と聞かれるが、「ガッドが好きだから」という理由でこのハンドルになったわけではない。他にろくなのが思いつかなかったというだけだ。

 あ、いやいや、ガッドはもちろん好きですよ。(--;)

←左側にメニューが表示されていない場合はここをクリック

banner
Last Update : 2020/01/01