ドラム

SONOR Phonic Beech / Rosewood Set

 80年代のものと思われるフォニックだ。ソナーの歴史はこちらを参照。

 フォニックのシェルは、ソナー伝統のビーチ。現在は、スネアのみ限定で販売されている。 ワタクシも、80年代のものを持っている。この限定のスネアだが、以前は日本だけの限定だった。日本では、クラシックで人気があるらしいね。

 その昔のドラマガのソナー特集に、メーカーのコメントがあった。ビーチのドラムはいいと今でも思ってるけど、需要が無いからセットは出さないんだって。現在は、SQ2シリーズで選べるようになっている。確かに、最近は使っているメーカーがほとんど無い。ヤマハのビーチ・カスタムも生産完了になってしまった。以前は神保彰さんが使っていたけど、当然のようにスイッチしてしまった。

 胴は、スペックによると9mmなんだけど、実測は11mmくらいある。いずれにせよ厚いシェルだ。外装はローズウッドだ。

 以前のオーナーによって若干の変更が加えられている。キックのレッグ・ホルダーはシグネチャーなんかに使われているタイプ。フロアのレッグ・ホルダーもちょっと年代が新しいものだ。

 内蔵のミュート類は、付いていたが外してある。最近、内蔵ミュートを使っているヒトは少ないだろう。キックにはなんじゃこりゃな機構をもつミュートが付いていた。

 ということで、7〜8年ぶりにメンテしてみた。今回のポイントはリフトである。最近、スティーブ・ガッドは20インチのキックを使っている。で、リフトしているそうだ。通常、リフトするのはペダルのビーターをヘッドの中心に当てるためだ。ビーターの長さは、だいたい22インチで中央に当たるのが標準的だ。ということは、20と22の半径の差は1インチなので、1インチだけリフトすることになる。これが、簡単では無いのよ。ヤマハだと、18のキックにリフターが付いているが、リフターの機構を付けるだけで、2インチ以上あがっちゃうのよ。
 そこで、今回は22のフープを200mmほど切り出し、15mmの角材を挟むことで25mmリフトさせることにした。

 あとはいつものように、バラシ、パーツ洗浄、コーティング、グリスアップ。

 ヘッドについては、今回、タムの打面は REMO Suedo Black Ambassdor、裏面は REMO EBONY Ambassador、キックの打面は Powerstroke 3 Suedo Black BDで、裏面はタムと同じ。これらは日本では売ってない。以前張っていたREMO CSをやめてみたのだが、ただのコーテッドだとつまんないので、これにしてみた。ミュートはエバンスの枕型マッフリング・システムを使った。はいできあがり。

 シェイクダウンはいつかな。

SONOR Phonic Rosewood(ソナー フォニック)
 シェル: ビーチ 9プライ 9mm
 カラー: ローズウッド
 フープ: スチール・プレス トリプルフランジ 1.6mm
 サイズ:
  キック   20×14
  タム    12×8, 13x9
  フロアタム 14×14
 ヘッド:
  タム    レモ・ブラック・スエード・アンバサダー / レモ・エボニー・アンバサダー
  キック   レモ・パワーストローク3・ブラック・スエード・BD / レモ・エボニー・BD
 年式:    70〜80年代

banner
Last Update : 2008/12/19